GLP-1医療ダイエット遠隔診療

運動なし・食事制限なし。医療の力で結果を出す

GLP-1医療ダイエット

肥満治療を目的としたGLP-1注射・内服は、医師の診療が必要な医療行為です。
薬の効果、副作用や禁忌事項について患者様に同意を得た上で処方する自費診療となります。

※18歳未満の方には遠隔診療でお薬の処方は行っておりません。

薬剤と価格

リベルサス
注射不要のGLP-1内服薬(リベルサス)も入荷しました。
  • リベルサス 3mg (30日分) ¥16,280(税込)
  • リベルサス 7mg (30日分) ¥30,580(税込)
  • リベルサス 14mg (30日分) ¥46,200(税込)
  • ※初めての方 
    +初診料 1,650円(税込)
  • ※注射の場合 
    針と消毒綿30日分
    +1,100円(税込)0円キャンペーン中!
  • ※郵送の場合 
    送料 +3,300円(税込)
ダイエット注射 (GLP-1サクセンダ)
ダイエット注射 (GLP-1サクセンダ) 初回 ¥19,580(税込)
最⼩量の0.6mgから1⽇1回同じ時間に⾃⼰注射で薬の投与を開始します。
詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

クリニックのご案内

「銀座・新橋」駅
Aiメディカルクリニック銀座

住所:東京都中央区銀座7-13-12 サクセス銀座7ビル11階
交通:日比谷線「東銀座駅」より徒歩5分、各線「新橋駅」より徒歩7分
診療時間:10:00~19:00
休診:日曜

GLP-1について

別名「やせるホルモン」
GLP-1は皆さんの体にもともとあるホルモンの1つです。食事を摂ると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促す働きがあります。
GLP-1の主なはたらき
  1. ①インスリンの分泌を促し血糖値の上昇を抑える
  2. ②胃の蠕動運動を抑制し食欲を抑制する
  3. ③脳の視床下部に働きかけ食欲を抑える
GLP-1のダイエット効果・注意点と副作用
GLP-1は食欲を抑えるため、体重の増加を防ぐことができます。注射を開始してほどなく、吐き気やふらつきや手足の震えなどが起こることがあります。また、長期間使用したり投与量を増やすと、鬱に似た症状が起こることもあります。
国の承認と当院の処方について
アメリカFDA(食品医薬品局)で安全性が保証されるなど、海外では肥満治療法として承認されていますが、日本では2型糖尿病の治療薬としてのみ承認されています。
当院で肥満治療を目的とした処方を行う場合、医師がオンライン・電話で診療を行い、患者様の健康状態、副作用や禁忌事項を確認し、患者様本人の同意を得た上で処方を行います。自費診療となります。
健康面で不安のある方は、遠隔診療ではなくご来院いただくことも可能です。希望者には血液検査を行い、検査結果をもとに医師が処方を判断します。

GLP-1の副作用・禁忌事項

副作用について
  • 治療初期に吐き気や頭痛、胃のむかつき、 便秘、下痢などの症状が見られることがあります。
  • まれに低血糖を引き起こすことがあります。
  • 自己注射により内出血することがあります。
禁忌事項について
  • 糖尿病の治療中の方
  • 肝臓、腎臓、膵臓に異常のある方
  • 癌の既住歴がある方又は治療中の方
  • 妊娠中又は産後3ヵ月以内の方
  • 極度に痩せている方